本文へ移動

障害者グループホームあそか

障害者グループホーム「あそか」

あそか名称の由来

無憂樹
お釈迦様がその木の下で生まれたとされてるのが無憂樹(むゆうじゅ)です。
この無憂樹の別名が「アソカ」です。
 ちなみにお釈迦様が悟りを開いたのが印度菩提樹の下で、入滅したのが沙羅双樹の木の下とされていて、この三つの木を「仏教の3聖木」というそうです。

施設案内

施設概要

【主旨・目的】  
 〇障害者グループホームとは、生活スキルの欠如がある人たちが専門スタッフの援助を受けながら少人で一般の住宅で地域社会に溶け込みながら生活する社会的介護の形態です。

※利用料金等については、運営規程及び重要事項説明書に掲示してあります。   

開所年月日・・・ 平成30年4月1日(日)
住   所・・・曽於市末吉町岩崎2104  
管 理 者・・・山内義宣   
利 用 定 員・・・5名(あそか)  
許 可 番 号・・・4621700295

施設詳細(外観)

あそか正面側
あそか玄関付近

グループホームの1年間あれこれ

あそかの皆さんです(*´∀`*) よろしくお願いいたします
朝食後のパチ /■\_・)

あそかの皆さんです(*´∀`*) よろしくお願いいたします

 
 


 
 
社会福祉法人 輪光福祉会
〒899-8101
鹿児島県曽於市末吉町岩崎971番地1
TEL.099-482-1047
FAX.099-482-1337
0
3
3
3
4
6
TOPへ戻る